イオン銀行カードローンとはどのような特徴のあるサービス?

イオン銀行カードローンとは、大手スーパーなどを展開しているイオングループの金融部門にあたるイオン銀行が運営しているカードローンの名称です。その利用にあたっては、申し込み時の年齢が満20歳以上満65未満であるとともに本人または配偶者に安定した収入があることが必要です。つまり、専業主婦であっても安定した収入が本人あるいは配偶者にあればその利用が可能な一方、収入のない学生などは申し込むことはできません。

 

そんなイオン銀行カードローンの最大の特徴は、金利の低さにあります。大手消費者金融やほかの銀行カードローンと比べても遜色がないほどの低金利を誇ります。また、インターネットバンキングかATMからその借入を行うことができるので、24時間365日手数料無料でそのサービスに申し込める点も大きなメリットです。ただし、イオン店内にあるATMを利用する場合、店舗の営業時間内のみの利用に限られる点にはご注意ください。

 

イオン銀行カードローンのお金借りる流れから返済まで

イオン銀行カードローンは、貸出枠の範囲内で銀行やコンビニのATMなどから現金を何度でも借り入れすることができます。どうしても必要な時に必要なだけ借りることができるので大変便利です。イオン銀行カードローンなら年会費・入会金は無料で、コンビニATM手数料も無料なので、カードローン初心者の方でも安心して利用できます。

 

お金借りる流れとしては、イオン銀行ATMまたは提携コンビニATMで画面の案内に従えば、お金を借りることができます。ATM操作をしたことがある方なら、ほぼ迷うことなく操作できるはずです。提携金融機関ATMでも同様に借入ができます。イオン銀行の普通預金口座を持っていれば、インターネットバンキングでも借入ができ便利です。

 

返済についてもATMで返済することが簡単にできます。また、イオン銀行普通預金口座からの引き落としも選択することができます。イオン銀行の普通預金口座を持っていなければ、他金融機関口座からの引き落としも可能です。
このように、ちょっとした利用であれば、簡単にお金を借り返せるようになっています。普段利用することがなくても、もしもの時のためにイオン銀行カードローンの申し込みをしておくのも良いのではないでしょうか。

 

イオン銀行カードローンの申し込み条件には何が必要?

イオングループの銀行、小売業による銀行としてイージーで利用しやすいサービスを多く提供しているイオン銀行。こちらが提供するカードローンは低金利が特徴で、さらには利用チャンネルが多いのが魅力ではありますが、もちろん利用したい場合には申し込み条件をクリアしておく必要があります。具体的には日本国内に居住しているのがまずは第一の条件。

 

これは日本国籍も必要ということではなく、外国籍であっても永住許可があれば問題はありません。また契約時の年齢が満20歳以上、65歳未満という年齢制限があるのでこちらも覚えておきましょう。そしてお金を借りた後には返済していく必要が生じますので、働いていることも条件。正社員であればほぼ問題はありませんし、アルバイトやパート勤務、自営業の方でも大丈夫です。少し条件は厳しくなりますがパートナーに安定した収入のある専業主婦の方でも大丈夫な場合があるようです。イオン銀行カードローンは比較的ハードルの低いローン商品と言えるでしょう。

 

イオン銀行カードローンの金利と利用限度額は良心的な範囲内

イオン銀行カードローンは10万円〜800万円の利用限度額を設定しており、10万円単位で調整ができます。実際の融資額は希望額を参考にしながら、イオン銀行が審査をしながら決定します。カードローンの審査に通過するためには、いかに希望額を抑えるかがポイントです。イオン銀行カードローンは総量規制の対象外であり、専業主婦・主夫も借入できます。この場合は配偶者に年収があることが条件で、申込者は50万円まで借入できます。

 

借入金利は非常に低く抑えられており、実質年率3.8%〜13.8%の設定です。上限利率の13.8%は非常に低く、銀行ローンと考えてもお得です。ただし変動利率が適用されているので、金利情勢によって今後変化していく可能性があります。イオン銀行カードローンの金利は、利用限度額に応じて決まる仕組みです。例えば10万円〜90万円の借入においては11.80%〜13.80%の設定です。最高額の800万円の借入をした場合は最低利率の3.80%が適用されます。

 

便利なイオン銀行カードローンの返済方法とは

私達の身近にあるショッピングセンターと言えばイオンが有名なのではないでしょうか。イオン銀行というサービスもスタートしておりますし、大手であるのと同時に馴染みがある存在なので申し込みやすいという方も多いでしょう。イオン銀行カードローンも行っており、金利も年3.8%から13.8%と低い為に利用しやすいのも特徴です。

 

そんなイオン銀行カードローンですが、返済方法についてご紹介します。こちらでは月々1000円からの金額で返済ができ、ATMまたは口座引き落とし方法で返済が可能です。イオン銀行普通預金口座か他金融機関普通預金口座からも利用が可能となっておりますので非常に便利です。更には任意返済や全額返済も可能となっております。お忙しくてなかなか銀行に立ち寄ることが出来ない、というカニはインターネットバンキングによる返済方法がお勧めです。

 

こちらを利用することで、いつでも手数料0円で返済出来ます。スマートフォンやパソコンから返済することが出来ますし、一部または全額繰り上げ返済も出来ます。24時間365日利用可能ですので、気が付いた時に返済出来るのも嬉しいのではないでしょうか。インターネットバンキングを利用する場合はホームページにログインが必要となりますのでご注意下さい。

 

イオン銀行カードローンの審査のための必要書類

イオン銀行カードローンの申し込みをした場合には、審査のための必要書類を提出しなければなりません。申し込みをしたすべての人にあてはまるのは運転免許証です。また個人事業主や法人代表の立場で借り入れをする場合には、年収を確認できる書類として、前年度の源泉徴収票、直近3か月以内に発行された給与明細2か月分、住民税の課税決定通知書のいずれかの書類が、借り入れの金額にかかわらず必要書類にプラスされます。もしも運転免許証を持っていない人の場合には、日本国籍であればパスポート、外国籍であれば在留カードまたは特別永住者証明書のいずれかで代用することが可能ですが、その場合にはカードの受け取りに多少の手間がかかります。

 

それというのも審査を終えてイオン銀行からカードが発送されるにあたっては、宅配便の受取人確認サポートというサービスが利用されており、自宅での受け取り時に運転免許証で本人かどうかを再確認するプロセスがあるためです。もしも運転免許証がない場合には、いったん発送元のイオン銀行に持ち帰りとなってしまうため、その後イオン銀行のスタッフから自宅に電話確認があり、あらためて一般的な書留郵便で自宅にカードが発送されます。