消費者金融のアイフルとは

アイフルとはテレビCMなどでもお馴染みの日本の消費者金融の一つです。かつて「チワワのCM」でブレイクし、消費者金融のイメージを変えたとまで言われるほどでした。ただ借金の取り立てで問題となり、一時自粛していたこともあります。

 

初めて利用する場合は、最大30日間利息ゼロ円を実施しています。次の給料日やボーナスまで30日以内であり、それをもとに全額を一括で返済するなら、手数料なしでお金を借りることができお得です。申し込みはインターネットを利用すれば24時間365日いつでも行うことができ、審査は最短30分で完了、結果はメールで送信されてきます。

 

審査にパスしたら、そのまま契約に移行することができます。カードが郵送されてきますが、急いでいる場合はカードが到着する前に指定口座に振り込んでもらうことも可能です。貸付利率は実質年率3.0%〜18.0%、契約限度額は800万円以内となっています。返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式です。

 

大手消費者金融アイフルでお金借りる流れ

少し前の消費者金融業者というのは、雑居ビルの一角に入っている街金業者というイメージが拭えないような金融業者ばかりでした。しかし、現在の大手消費者金融というのはコンプライアンス意識も高く、銀行などの金融機関のように接客サービスも高いところばかりです。大手消費者金融の1社である「アイフル」もその1つです。

 

今ではアイフル社を除く大手消費者金融は銀行系の傘下に入っているのですが、アイフル社だけは今でも独立系の消費者金融会社として運営されています。ですが、他の大手業者と同じように、品質やサービスは飛躍的に向上していて、安心してお金を借りられる企業だと言えます。

 

電話やインターネット等で申込みをしても、最終的にはアイフルの店舗を訪問して、お金借りる流れとなります。ただ、今ではインターネット上である程度の情報を送付することで、訪問時の待ち時間を大幅に短縮することができます。場合によっては在籍確認の電話を省略してもらえることもありますが、そのために新たに用意する書類などもありますので、事前に色々確認をしていた方が、お金借りる流れとしてはスムーズになります。また、即日融資が可能であり、その場で受け取ることができるので、自宅に郵送物や契約カード等が送られてくる心配はありません。もし、家族に内緒で契約を希望の方は、正直に担当者に伝えれば、それもしっかり対応してくれます。

 

アイフルの申し込み条件はどうなっているか

アイフルの申し込み条件は満20歳以上で満69歳未満であり、本人に安定的な収入と返済能力があり、アイフルの基準を満たす人であると定義されています。この条件を細かく見ると年齢は必ず満たす必要があり、収入に関しては特に規定されていないので正社員だけでなくアルバイトやパートであっても勤続期間があれば信用を得られます。

 

逆にギャンブルなどは仮に安定して勝っていたとしても、安定した収入にはならないので条件を満たしません。収入があるだけでは返済できるとは限らないのでこれも考慮されていますが、具体的には他社の契約件数や限度額の総額が大きければ能力が低いものとされます。また、年収が低い人で住居が賃貸であれば賃料の支出が発生するので不利になります。明確に記載されていない基準もありますが、例えば返済能力はあっても住所が不定であったり、過去に返済の遅延や債務整理をしたことがある場合などなので、該当する人は申し込んでも審査に通るのは難しいです。

 

アイフルの金利は利用限度額が大きいほど有利

アイフルは限度額の範囲内で繰り返し利用できる、使途の制限がないカードローンです。ローンの金利や利用限度額などの条件は、借り手の信用力と、表裏一体の関係にある貸し手の信用リスクで決まります。

 

日本人は貯蓄を好み借金を恥じる国民性がありますが、ローンのすべてが悪いわけではありません。わかりやすい霊が住宅ローンで、いまは手元にないお金を借りて家を買うことで、将来の家賃を節約する代わりに返済をして、いずれは返済が終わり自分の財産にすることができます。いわば利息はお金という財産を借りる利用料といえますが、利率は低いに越したことがありません。

 

確実に回収できるお金は金利を高くしなくても調達できるし、回収リスクがある場合はその対価として金利が高くなる仕組みです。借入可能な利用限度額も金利も査定の条件は同じで、回収リスクが低いほど多額の融資が可能になるし金利も低くすることができます。

 

利用限度額が10万円の人の信用力より限度額が100万円の人、更に200万円の人と、枠が大きい人ほど信用力の高い人です。そのため、利用限度額が大きい人ほど利率も優遇される仕組みになっています。

 

自由に選べるアイフルの返済方法の全て

アイフルは全国区で有名な消費者金融の会社で、専用のATMの台数も多い会社です。便利にキャッシングを利用でき、ネットから申し込み可能な会社なので、わざわざ窓口に出掛ける必要がないことも魅力的です。アイフルを初めて利用される方にとって、返済方法が不安に感じてしまうということも決して少なくないと判断できます。

 

返済方法は比較的自由に設定されており、いくつかの選択肢が用意されてます。約定日制というものがあり、利用者が都合の良い日程を返済期日に指定できます。期日から10日前からを返済期間にすることができるので、毎月に決まった額面を都合に合わせて返せる方法です。サイクル制も導入していて、借入日から35日以内であればいつでも返せる方法です。一括返済にも対応しています。こちらは現金一括という返済方法になり、利息は利用した分に設定されることから、余裕が出た際には利用することがおすすめになります。では、実際にどのようにして返済するのかと言えば、アイフルの専用ATMを使って入金する方法と、提携しているATMを使う方法、コンビニエンスストアや銀行振り込みも利用できます。

 

指定した口座から振替を利用することもできるので、自由に都合の良い方法を選べるように配慮しています。注意が必要な点は振込みや提携先のATMの場合は別途手数料が発生するので、できるだけお得な返済方法を選ぶことも推奨できます。

 

アイフルでお金を借りる際の審査の必要書類

アイフルからお金を借りる場合には、審査のためにいくつか必要書類を提出しなければなりませんが、これは商品の種類によって違うことがあります。アイフルの一般的なカードローンやキャッシングローンであれば、通常は本人の運転免許証があればほかの必要書類は特にありません。

 

もしも運転免許証を持っていない人がカードローンやキャッシングローンの審査を申し込むのであれば、マイナンバーカードやパスポート、在留カードのような公的機関が発行した顔写真付きの身分証明証が使えます。顔写真が掲載されていない身分証明証、たとえば健康保険証・年金手帳・母子健康手帳のようなものを代わりに使いたい場合は、これらのなかから種類が違う身分証明証を2つ組み合わせるか、または戸籍謄本や住民票などと組み合わせて使うことになります。

 

またアイフル単独での借り入れが50万円を超える場合や、アイフルと他社を含めて合計で100万円を超える借り入れとなる場合には、収入証明書も必要書類としてプラスされます。この場合の収入証明書とは、源泉徴収票・住民税決定通知書・給与明細書・確定申告書・所得証明書などのことをいいます。ただし給与明細書の提出の場合には直近2か月分を提出するのが原則です。