ブラックでもお金借りれる方法について解説

自己破産や任意整理などを利用した際に、最も困るのが金融機関のブラックリストに掲載されてしまうことです。金融機関は貸し倒れや金融犯罪などのリスクを避けるため、個人信用情報というデータを共有しています。そのため自己破産などでこの個人信用情報のブラックリストに掲載されてしまうと、クレジットカードの新規発行や住宅ローンなどの利用ができなくなるのです。

 

しかしブラックでもお金借りれる方法は存在します。大手銀行などではブラックリストに掲載された人間に、お金を貸すことはありませんが中小の金融業者の中にはそうした人たちを対象に、お金を貸すサービスを提供している業者が存在します。ブラックリストに掲載されてしまった時は、こうした業者を探して利用するとよいでしょう。

 

ただしこうした業者は普通の人よりも貸し倒れリスクの高い、自己破産者などにお金を貸すということもあり、金利に関しては一般的な銀行よりも高いことには注意が必要です。

 

ブラックでも中小消費者金融なら借りられる

返済の長期滞納や債務整理などでブラックになった場合、その記録が削除されるまで待っていれば銀行や大手の消費者金融から借りられるようになります。しかし、それには5〜10年はかかるため、それまで待てないときに検討できる借り先が中小消費者金融です。

 

この全てでブラックの利用を許可しているわけではないので、条件を確認する必要があります。例えば債務整理者でも契約できる場合でも、自己破産は禁止しているなど制限されていることもあります。中小消費者金融は顧客を獲得するために認めている場合がありますが、ブラックは過去に記録であって現在は問題がないと判断されたときに借りられるものであることは理解しておきましょう。

 

返済の滞納が続いている状態で申し込んでも、審査には通りません。また、ブラックであることは審査に影響するので甘いということはないです。契約できることがあっても、その可能性は低いものと考えた方が良いです。信用されなければならないため、借り入れの必要性や返済の計画が立っていることが重要になります。申し込み書類には滞納や債務整理の経験に関する記載が求められるなど、大手消費者金融と異なる点がありますが、正直に書かないと個人信用情報機関の記録で発覚して信用を損ないます。

 

ブラックで銀行で借りるのは難しい

銀行からお金を借りるという場合には、審査があります。そのため、その審査に受からなければ借りることができません。ブラックの状態だと銀行で借りるのは難しいといえるでしょう。

 

審査の緩いカードローンなどを見つけて、審査を受けてみるなどしてみることも有効な手段です。ただし、ブラックの状態だとそれも厳しいといえるため、信用情報に関して個人信用情報機関から削除されるまで待つということも一つの方法です。原因となったものが、長期延滞か債務整理や強制解約などいろいろと挙げられますが、この記録期間などがそれぞれ違いがあるためチェックしておき、その情報が削除されるまで待ってからカードローンなどを利用するといいでしょう。

 

そして、再びブラックの状態として記録されないように、カードローンなどを利用した際にはきちんと定期的な返済を心がけることが重要です。また、金銭的に厳しい状態を作らないように生活を見直してみるということも大切だといえます。

 

ブラックでカードローン審査なしで利用できるのか

ブラックでも借りられる、カードローン審査なしとしている貸金業者は闇金融である可能性が非常に高いので利用は避けるべきです。まず、銀行のカードローンは審査が厳しいため、審査自体を行わないことがなく、ブラックの人は借りられません。消費者金融でも大手の場合には同様なので、利用できないと考えた方が良いです。

 

中小の消費者金融にはブラックでも借り入れを認めているところがありますが、カードローン審査なしというのは正規の貸金業者ではないです。貸金業者からカードローンで借入をする場合には総量規制の対象になるので、年収の3分の1までしか借りられない制限があります。希望額によって収入証明書の提出が省かれるケースはありますが、この制限にかかっていないか確認する必要があるので審査は行われます。また、収入証明書の提出や在籍確認を書類で代用するなどが認められるのは一般的な人の場合であり、ブラックになっていれば返済できない危険性が高いので確認は必須です。カードローン審査なしという、都合の良い言葉に騙されないようにしましょう。

 

ブラック企業からお金借りる理由について

今では消費者金融から気軽にお金を借りることが出来るのでとても便利ですし、インターネットを利用して申し込むことが出来るので忙しい人でも簡単に申し込むことができます。審査も簡単で即日融資を行っているところもありますし、カードを発行してもらえればコンビニのATM等を利用して気軽に融資を受けることが出来るので本当に助かります。

 

ただあまりにお金を借り過ぎて返済出来なくなってしまった場合には、ブラックリストに載ってしまい他の消費者金融からお金を借りるのが難しくなるのでこの点に関しては十分に注意する必要があります。

 

しかしどうしてもまとまったお金が必要な場合にはどこかから融資を受けなければならないので、ブラック会社を利用してしまう人も中にはいます。ブラック会社からお金借りる理由の多くはこのケースに当てはまり、普通の消費者金融から融資を受けられないためにこのような会社を利用してしまう人がけっこういます。

 

ブラック会社の場合には驚くほど多くのお金を貸してくれるのでその点においては便利ですが、金利が異常に高く返済するのが難しくなってしまい困っている人が殆どです。ですのでブラック会社を利用しないようにするためにも、消費者金融からお金を借りる場合には借り過ぎに十分に注意するようにした方が良いです。

 

ブラックで絶対借りれるところはもうない?

一昔前は、ブラックでも絶対借りれるところがありました。なぜなら、法律が今ほど厳しくなかったからです。金利が最高29.2%にできたので、貸金業者はリスクをとることが可能でした。高い金利で利益をたくさん出していたら、貸し倒れのリスクを恐れずにばんばんお金を貸すことができます。ハイリスク・ハイリターンのやり方ですね。

 

ところが、現在は法律が厳しくなっており、金利は最高20%までしか設定できない。また、昔は「数万円の保証金を納めてくれたら、お金を貸します」という貸金業者がありました。現在では利息以外の保証金などをとることも原則として禁止になっています。最高20%の金利だけが貸金業者の利益です。

 

高い金利や保証金などで利益を出すことができなくなったので、貸金業者も審査をしっかりやるようになりました。そのため、基本的にはブラックの人は消費者金融でも借りることができません。とはいっても、年収・勤続年数・勤務先などを総合的にポイント化して審査の結果が出るので、ブラックでも可能性がゼロというわけではないです。例えば、年収500万円かつ勤続年数10年以上の会社員なら、ブラックでも無理のない金額を借りられる可能性が高いでしょう。