ネットだけで手続きできるじぶん銀行カードローンとは

じぶん銀行カードローンとは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資したインターネット銀行が提供する貸金サービスです。特徴としては、まず、店舗に出向いたりする必要はなく、申し込みから審査および契約手続きから借り入れまですべてネットで完結することです。

 

利用明細についてもWEB上で確認するので、郵便物から借り入れの事実が家族等に漏れることもありません。つぎに最大800万円まで借り換えが可能で、銀行ならではの低い金利により、他社より返済額を軽減することも検討できます。また、はじめて利用する人でも計画的に無理なく返済できるよう、毎回の返済額は最少で1000円からに設定することも可能です。さらに、実店舗を持たないネット銀行の利点を活かし、金利は年率2.2?17.5%と非常に利用しやすくなっています。他にも、急な借り入れが必要になったときにスマートフォンから簡単に申し込みができたり、ATMの手数料が利用時間や回数にかかわらず無料であったりと、とても利用しやすいサービスになっています。

 

じぶん銀行カードローンのお金借りる流れを把握する

お金を借りたいという場合には、カードローンを利用するという選択肢があります。じぶん銀行でもカードローンがあるため、利用してみるというのも一つの方法です。

 

じぶん銀行カードローンでお金借りる流れとしては、まずは、申し込みとして24時間いつでもネットから申し込みが可能です。そのため、来店などが不要になります。申し込み後は、審査となり審査結果は、Eメールかもしくは電話で案内という流れです。問題がなければ契約という形になり、契約内容に関してもネットで確認できるためチェックしてみるといいでしょう。その後は、借り入れとなり指定した口座へ振り込みをされます。

 

このように、簡単な流れを把握をしておくことで実際にカードローンを利用する際にはスムーズに申し込みから借り入れまでできることでしょう。ただし、あくまで審査を通過できるという前提です。

 

カードローンは、利用してみると便利ですが借りた分はきちんと返すことも必要なため返済においても定期的に返済が可能かどうかよく考えてから利用するか判断することが大切だといえます。借りる際には、金利などもある程度チェックしておくことで、自分の収入に対して返済がどの程度になるかあらかじめ計算しておくといいでしょう。

 

じぶん銀行カードローンの申し込み条件はいかなるものか

じぶん銀行カードローンを利用したいが、現在の自分が申し込み条件に適しているかということが分からず利用を躊躇しているという人はいませんか。じぶん銀行カードローンの申し込み条件はまず、契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満という条件があります。60歳代の上限を設ける所も多い中で、比較的高齢の人にも申し込みやすい条件になっています。

 

次に、安定収入があるかということも問われます。安定して継続的な収入があれば、アルバイトやパートなどの非正規雇用や自営業の方でも申し込みできます。その他にも、保証会社の保証を受けられるか、外国籍の方は永住許可を受けているかという条件もあります。申し込み条件としては以上のようになりますが、申し込みの際には記入ミスなどがないように気を付けましょう。誤字や脱字があったりするとその確認のための連絡などに寄り審査が長引いたり、内容によってはそのことが原因で審査に落ちてしまうことがありますので記入は慎重におこなう必要があります。

 

じぶん銀行カードローンの金利と利用限度額

じぶん銀行カードローンの金利は年1.7%?17.5%で、利用限度額は最高800万円となっています。銀行カードローンは利用限度額によって金利が変わり、限度額が大きくなるほど下がります。じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立されたネット銀行です。そのためauユーザー向けの特別金利があり、提携ATMの手数料は無料となります。

 

最高限度額は800万円で銀行カードローンとしてはさほど高くありませんが、そもそも800万円を超える借り入れを求める方はあまりいないでしょう。銀行カードローンとしては上限金利が高い設定になっていますが、au限定割があるので、ユーザーの場合は低く借りられる可能性があります。

 

他社から借り入れしているユーザーは借り換えコースで年1.7%?12.5%まで下がります。このようにauユーザーにとっては非常にメリットがあるのがじぶん銀行カードローンです。たとえば利用限度額が310万円?400万円の場合、通常金利は6.0%?7.0%ですが、au限定割りなら5.9%?6.9%に、借り換えコースなら5.5%?6.0%となります。

 

じぶん銀行カードローンでの借入金の返済方法は全部で3つ

じぶん銀行カードローンを利用して借り入れたお金の返済方法はATM、振り込み、自動引き落としの3つです。このうち、じぶん銀行に口座を開設している場合はカードローンの契約をするときに自動引き落としを選択しておくと、毎月の決まった日に借入残高に応じて決まる返済額が自動的に引き落とされるようになり、返済の度に外出する必要がなくなるのでおすすめです。ただし、約定返済しか対応していないので、お金に余裕があるときに追加で返済をしておきたい場合は他の方法を選ばなければなりません。

 

じぶん銀行に口座が無い人は、ATMを利用した返済方法が便利です。返済する際の操作方法は端末ごとに異なっているので注意が必要ですが、時間帯や利用回数にかかわらず手数料がかからない点と、硬貨対応の端末であれば1円から返済ができる点がメリットです。

 

一方、最寄りに返済可能なATMが無い場合は金融機関から振り込む方法以外に選択肢はありません。この方法をとる場合は、最初にローンセンターに電話で問い合わせて振込先の口座の情報を聞く必要がある点、振り込む際に手数料がかかる点、平日の0時から15時の間に振り込まなければ当日の取り扱いにならない点に注意が必要です。

 

じぶん銀行カードローンの審査のための必要書類

じぶん銀行は携帯電話やスマートフォンのユーザーに特化したネット銀行のひとつですが、カードローンや住宅ローンなども取り扱っています。じぶん銀行カードローンの申し込みをする場合、審査のためにいくつか必要書類の提出を求められます。

 

ネット銀行という特徴があるため、他の銀行のように書類を郵送するのではなく、スマートフォンのカメラ機能などを使って撮影したものをインターネットを通じてアップロードする方法での提出が基本です。ただしローンセンターに必要書類のコピーを郵送してもかまいません。まずは本人確認書類ですが、運転免許証または運転経歴証明書・健康保険証・パスポート・個人番号カードのいずれか1点が該当します、外国籍の人がじぶん銀行カードローンを申し込む場合は、それに加えて在留カードまたは特別永住者証明書も必要です。

 

じぶん銀行カードローンで50万円を超える借り入れがしたい場合には、本人確認書類とともに収入証明書類も必要書類となります。収入証明書類としては、前年度分の源泉徴収票・前年度分の住民税決定通知書・所得証明書または課税証明書のいずれかが該当します。これらの書類が用意できない場合には最新1か月分の給与明細書で代用できるほか、個人事業主はあわせて確定申告書のコピーを提出します。