カードローンの金利は法律で上限金利が決められています

カードローンの金利は借入金額によって違いは有りますが、法律で上限の金利は10万円未満で20%、100万円未満で18%そして100万円以上で15%と決められていますので、これ以上の金利を請求する会社は闇金融と言われる会社なので注意することが必用です。

 

カードローン会社では、他の会社より0.1%でも金利を下げて貸し出しを行うと競争していますので、実際に借入金額にもよりますが、初めて借入をするので有ればカードローンの金利を比較して見ることが必用です。

 

カードローンの金利は消費者金融と銀行で比べて見ると、10万円〜100万円未満だと銀行系のカードローンの金利の方が低く借入することが出来ます。

 

これは銀行でローンを組む方が審査が厳しく、返済が滞る人のリスクが少ないためでこの点審査が銀行ほど厳しくない消費者金融はリスクを金利に反映させているため、多少高くなっています。

 

お勤めしていて安定的な収入があり借り入れが初めての場合は、銀行の方がカードローンの金利は低く出来ます。

 

カードローンを低金利に抑えて利用するための秘訣

最近はカードローンを使っている方が、かつてと比較すると大幅に多くなってきています。中には利用するかどうかは関係なく、何かあった場合に備えて1枚は持っておいているという方も多いです。人気が出てきた理由として挙げられるのが一般的なローンと比較すると割合簡単な手続きで早めに、お金が振り込まれることになります。そして専用のカードを手に入れて、ちゃんと期日までに返済していれば借り入れ限度の金額の範囲内なら何度でも自由に借り入れることが可能です。借り入れ限度の金額が定められているため借り過ぎて返済することが出来なくなるケースは、ほとんどありません。

 

カードローンには銀行が提供する以外にも、消費者金融やクレジットカードを取り扱っている信販会社が提供するカードローンもあります。このように種類が幾つかありますが、その中でも人気が出てきているのは銀行が提供するカードローンです。

 

人気が出てきた理由として挙げられるのが、低金利であるという点になります。審査が消費者金融や信販会社が提供するカードローンと比較すると少し厳密になっていますが、その分貸し倒れのリスクが少なく低金利で提供出来る訳です。ですので低金利の状態でカードローンを利用するための秘訣は、銀行が提供するカードローンを選ぶことが挙げられます。

 

低金利で利用できるカードローンと言えば銀行がベスト

低金利で利用できるカードローンは消費者金融ではありません。消費者金融の金利は15〜18%くらいになるはずです。最低金利は5%などに設定されていますが、実際に適用になるケースはほとんどないです。5%の利率で借りるためには、数百万円の借入が必要になります。限度額を500万円に設定している場合、500万円の借入をしないと5%は適用にならないと考えてください。街金の場合は上限がやや高くなっており、健全な貸金業者の中で最も高金利です。

 

消費者金融や街金などのノンバンク系は、銀行より金利が高いのです。お得に借りるなら銀行がおすすめで、低金利で利用できるカードローンをラインナップしています。15%以下の実質年率を設定したものが多く、消費者金融より3%くらいもお得です。借入が少ないときの3%は微々たるものですが、追加融資を何度も受けて借入残高が増えてくると無視できない差になります。銀行以外の低金利で利用できるカードローンは、信用金庫や労働金庫などの商品があります。

 

最低金利は最高融資額でないと実現しないのか?

カードローンにおける最低金利というのは、基本的には最高融資額にならないと実現しません。例えば、とあるカードローンの金利が4.0%〜18.0%、限度額800万円となっていたとします。この場合の最低金利は年4.0%、最高融資額は800万円です。カードローンの金利は限度額が上がるにつれて徐々に下がっていきます。消費者金融では50万円以下なら基本的に金利は18.0%です。

 

プロミスのように金利が17.8%とわずかに低くなっているところもあります。限度額が100万円以上になれば、金利は15.0%以下になります。貸金業者によって金利の設定は異なるので、どのように変化していくかは会社によりけりです。最終的には最高融資額の800万円に達したときに、最低金利の4.0%となるでしょう。しかし、これはあくまでそういう設定になっていることが多いというだけであり、必ずそうなっているとは限りません。限度額が400万円〜500万円で最低金利が適用されるようになっていることもあれば、限度額に関わらず金利が固定のカードローンも存在します。

 

カードローンの金利計算をしてみよう

カードローンも昔に比べると、インターネットを利用して手軽に申し込みができるようになりました。利用後は契約に応じた返済をしていくことになりますが、どれぐらいの利息を支払っているのかというところまでは意識していない人の方が多いです。一度は自分自身で金利計算を行ってみて、幾ら利息を払っているのかを自覚することも重要になります。カード会社側でもローンシミュレーションなどを用意していますので、手軽に知りたいならシミュレーションを使うのが早いです。

 

利息を自分で計算するときは借入残高と貸付利率、そして利用している日数分で計算をするので、早く返すほど不要な利息を支払わずに済みます。借入残高に貸付利率をかけて、365日で割ります。その数字に利用した日数をかけて利息が算出されます。毎月支払う金額は、契約したときに決定した返済日に自動的に引き落としがされますが、殆どのカード会社で随時返済または一括返済をすることができます。随時返済であればそのまま返済すればいいのですが、一括返済は金利計算をカード会社側でしてくれるので、いつ返すのかも伝えた上で必要な利息を込みで計算して連絡が来た金額を返済して完了になります。

 

カードローン低金利の限度額を把握してから適切な借入額を見極める

カードローン低金利で借りるメリットは大きく、利息を抑えられることにあります。ただ利息が決まる要素は金利だけでなく、借入額が大きく関係してきます。カードローン低金利を利用するときは、限度額や借入総額も考えてみましょう。最近のカードローンは高額融資に対応したものが主流で、中には1,000万円に対応したローンも見られます。高額の借入ができるほど優れたローンだと思うかもしれませんが、限度額はあまり関係ありません。現実的に少しお金がほしいという状況で、数百万円を借りることはないでしょう。ちょっと借りたいときの金額というのは、多くても10万円くらいのはずです。

 

消費者金融のカードローンは、どれも年収の3分の1までしか借りられません。年収300万円の人は限度額が100万円のローンがあれば問題ないわけです。もし1,000万円に対応している商品に申し込みして満額を借りるなら、年収で3,000万円以上は必要になります。賢く選ぶにはカードローン低金利にこだわり、あとは自身の返済能力をシミュレーションして適切な借入額を決定することです。高額融資を受けるのではなく、計画的に返済できる金額を借りるようにすれば失敗は避けられます。