バンクイックとは即日発行するカードサービス

バンクイックとは三菱USJ銀行が行っている即日発行するカードサービスのことです。通常のカード発行までの流れとしては、銀行にたいしてカードを発行することを電話及びネット予約するか直接赴いて申請を出します。しかし申請を出せばすぐに発行してもらえるわけではなく、申請を出した後に書類作成の後に審査を受けたうえで合格を受けたらカードができるので時間がかかるのです。

 

バンクイックは三菱USJ銀行の口座を持っている人がWEBで予約をした後に、銀行に設置しているテレビ窓口で申請と審査を同時に行います。申請と審査を同時に行うので、もちろん申請内容によっては後日になる場合もありますが基本は即日でカードを発行することができるのです。最短で発行できるカードのため500万円という上限金額が決まっていますが、低金利で貸し出しが可能なのと正社員だけでなくパートやアルバイトそして専業主婦でも申請を出せば発行できるので利用しやすいのが利点です。

 

バンクイックの便利な、お金借りる流れとは

バンクイックは利用限度額が500万円の、三菱UF銀行の個人向けのカードローンです。お金借りる流れとしては、インターネットやテレビ窓口、電話でそれぞれ異なります。パソコンやスマートフォンからは24時間、申し込みが可能で三菱UFJ銀行のサイトで必要事項を入力し、免許証や保険証等の本人確認書類や収入証明書等を写真に撮り、Webにアップロードします。

 

三菱UFJ銀行に口座があり、住所の変更等が正しい届け出を行っている場合には口座番号等を入力することで本人確認書類の提出が必要ない場合もあります。審査回答は電話かメールで翌営業日以降となっており、郵送かテレビ窓口でカードを受けとることができATMなどで利用することができます。銀行に併設されているテレビ窓口でお金借りる流れとしては、オペレーターと話ながら手続きを進めていきます。本人確認ができるものと勤務先の情報、源泉徴収票等を用意します。本人確認書類が運転免許証であれば、その場でカードを受けとることが可能です。平日は20時まで、土曜日と祝日は10時から18時、日曜日でも17時まで受け付けているので便利です。電話でも土日祝日も受け付けており、必要な書類はWebでのアップロード、郵送やFAXでも可能です。

 

外国人も可能な、バンクイックの幅広い申し込み条件

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンで、申し込み条件は20歳から65歳未満の国内に居住し、安定した収入がある人が対象です。永住許可を受けていれば外国人も可能で、自営業やアルバイトやパート、派遣社員でも申し込むことができますが、専業主婦や年金受給者は、原則的には申し込めないとなっています。バンクイックは事業性の用途を目的としてではなく、個人に対してのカードローンなので、事業用でなければ使用用途には制限を設けていないため冠婚葬祭や引っ越し資金、急な家族の入院等のどのような用途にも使えるので便利です。

 

借り入れの方法はバンクイックのカードで、ATMから引き出す方法と、Webや電話で事前に振込み手続きをして、自分の銀行の口座に振り込んでもらう方法があります。返済もATMでカードを使ってする方法と指定の口座に振り込む方法があります。三菱UFJ銀行に口座が有る場合は事前に手続きをしておけば、本人の口座から自動支払いをすることができるので、便利です。

 

バンクイックの金利と利用限度額からお得度を見る

バンクイックは銀行ローンですから、総量規制の対象にはなりません。金利は1.8%〜14.6%に設定されており、メガバンクにも負けない水準です。上限が14%台に設定されているカードローンは低金利だと考えてよいでしょう。利用限度額は10〜500万円に設定されており、一般的なノンバンクや銀行カードローンと同水準です。10万円から借りられるのは利点のひとつであり、借りすぎを防止したい人に適しています。

 

賢くバンクイックを利用するためには、少しだけ借りてすぐに返すのがおすすめです。低金利が魅力のバンクイックですが、利息は日数計算で発生しています。長期的に借入をすると利息が膨れ上がってきますので、給料日に全額返済する借り方が適しています。カードローンは利用限度額の満額まで借りることはまずできません。一般的に初回融資の段階では、30〜50万円くらいになると考えてください。希望額を少なくするほど審査で有利になるのは、銀行も消費者金融も同じです。

 

バンクイックの返済方法は3つある

銀行カードローンのなかでも有名なバンクイックになりますので、返済方法は3つあります。自分が利用しやすい方法で活用することをお勧めします。

 

最も楽になるのが、自動支払いです。口座振替になり、手数料もなく返済することができます。ただしバンクイックを提供している三菱UFJ銀行の口座が必要になりますので、持っていないのであれば開設する必要があります。他の貸金業者はどこの口座でも口座振替ができる所も多いですので、こちらは利用が制限される人が多い返済方法です。

 

その他使われているのが、振込になります。自身でインターネットバンキングを活用しているのであれば、わざわざ銀行のATMに足を運ぶ必要がありませんので、簡単に済ませることができます。ネットバンキングの利用によっては、振込手数料が無料になることもありますので、人によっては無料で返済が可能になります。

 

バンクイックのカードを使って行なう返済方法も、もちろん可能です。コンビニでも使うことができますし、手数料無料で返済をすることができます。ただしコンビニに通わないといけませんので、手間がかかるのがネックです。自分が返済しやすい方法でバンクイックを活用することができます。

 

バンクイック審査のための必要書類とは

バンクイックでお金を借りるにあたっては、審査のための必要書類の提出をいくつか求められます。まずは本人確認書類ですが、運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカードのどれかひとつがあればよいとされています。

 

運転免許証は現住所の記載があるものに限りますので、もしも裏面の備考欄に住所変更の記載がある場合には、表面だけではなく裏面もあわせてコピーするか、または提示する必要があります。健康保険証は本人の氏名・生年月日・住所があるページが必要ですので、カード型保険証の場合には、同様に表面とともに裏面もコピーしておきます。

 

パスポートは外国ではなく日本国が発行したもの、なおかつ顔写真のページと所持人記入欄の両方のページのコピーとなります。マイナンバーカードは裏面に個人番号が記載されており、法令で規定された目的以外で個人番号は収集してはならないことになっていますので、表面だけでかまいません。その場合現住所の記載があるものに限ります。またバンクイックで50万円を超えるお金を借り入れるのであれば、本人確認書類のほかに収入証明書類も必要書類のひとつになります。具体的には源泉徴収票・住民税決定通知書・納税証明書・確定申告書のいずれかのコピーを提出します。