みずほ銀行カードローンとはどのようなサービスか

みずほ銀行カードローンとは、金融機関の発行したカードなどを使用して、設定された利用限度額までいつでも利用することができるローンです。申し込みは24時間受け付けていて、WEBのみで手続きを完結できます。新たにカードを作る必要はなく、みずほ銀行のキャッシュカードで利用することが可能です。借り入れたお金の使い途は自由で、最大800万円まで利用することができます。

 

金融機関ならびに提携しているコンビニのATMなどからいつでも現金を借り入れることができ、ATMの時間外手数料はかかりません。また、店舗等に出向かなくてもインターネットバンキング等を使って、WEB上で借り入れすることもできます。さらに、カードローン口座をみずほ銀行のネットサービスであるみずほダイレクトで利用する口座として登録すれば、パソコンだけでなくスマートフォンや携帯電話・固定電話などからも借り入れ・返済ができるので、時間や場所を選ばずに利用することが可能です。

 

お金借りる流れを知ろう!みずほ銀行カードローンの場合は?

お金借りる流れを実際に借りる前に知るということは、借りる前の準備、借りてからのことなどを考えた上でお金を借りられるので、余計な心配をしなくて済むようになります。みずほ銀行カードローンを利用する際にもそうしたことを知っておくと非常に便利です。

 

まず、本人確認書類のコピーなどを提出しますが、みずほ銀行の口座を保持している人は本人確認がなされているのでその必要が無く、給与振り込みや公共料金の引き落としなどメインバンクで利用している場合などはよりスムーズにいきます。その後申し込みをおこない審査に移りますが、申し込みには本人確認書類の他に、源泉徴収証などの収入証明書も必要になることを確認しておきましょう。その他、郵送やウェブ申し込みなどのいずれの場合にも在籍確認があるということにも注意が必要です。

 

ただ、在籍確認の電話はみずほ銀行や保証会社の名前は出さず、個人名で電話をかけてくるので、職場の人にばれたくないという人でも比較的安心できます。在籍確認の電話も、契約者がその会社に在籍していることを確認するだけなので、カードローンの話題は出さないようにしています。それらをおこない、審査に通るとカードローン口座の通帳が届きその後口座が開設され、融資を受けることができます。

 

みずほ銀行カードローンの申し込み条件

みずほ銀行カードローンの申し込み条件は、契約時に満20歳以上満66歳未満で、安定かつ継続した収入が見込まれ、保証会社の保証を受けられることです。外国籍の場合は永住許可を受けている方が対象となります。

 

ただ、以上の条件に当てはまっても審査の結果によっては利用できない場合もあります。雇用形態は問われませんので、正規雇用でない派遣社員やパート、アルバイトでも申し込みが可能です。学生であっても20歳以上で安定かつ継続した収入があれば申し込み可能です。年金も安定かつ継続した収入と見なされるので、収入が年金のみの方も申し込めます。

 

但しその場合も66歳未満という年齢条件は適用されるので注意が必要です。申し込み時には本人確認書類のコピーの提出が必須です。運転免許証やパスポートや健康保険証、印鑑証明書や住民票、これらの中から1通が必要となります。外国籍の場合は永住許可を受けていることが確認できる書類が必要です。他に本人の年収を確認できる書類のコピーも必要です。源泉徴収票、納税証明書、住民税決定通知書または課税証明書のうちの1通です。

 

みずほ銀行カードローンの金利と利用限度額をチェックしておこう

みずほ銀行カードローンの金利は2.0%〜14.0%に設定されています。銀行カードローンの中でも金利が低く、10万円から借入できるのがメリットです。借入総額が少なければ利息を抑えられるので、借りてすぐに返すような使い方ならあまり気になりません。利用限度額は800万円まで対応しているので、銀行ローンの借入としては十分なレベルです。消費者金融ではないので、総量規制の対象外になるのが特徴です。

 

みずほ銀行カードローンで賢く借りるためには、今必要な金額で申し込みするのがよいでしょう。多めに借りようとして希望額を大きくするほど、審査の難易度は高くなります。審査の難しさは希望額に直結しますので、利用限度額いっぱいまで借りる方法は得策ではありません。本当に必要な分だけを借入することが、利息を抑えるためにも効果的です。10万円から借りられる銀行ローンはちょうどよい金額でしょう。借りすぎたくない人にとって、みずほ銀行カードローンは適しています。

 

みずほ銀行カードローンは多彩な返済方法が選べる点が魅力的

みずほ銀行カードローンは、国内上位大手都市銀行のみずほ銀行が発行している安心感の高さから、多くの人々に利用されています。インターネット上から利用開始の申し込みができること、みずほ銀行の口座がなくても利用可能なことなど、使い勝手の点においても優れているため、初めてカードローンを利用したいと考えている人にもお勧めです。既にみずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方は、そのカードにローン機能を付加することもできます。

 

返済方法は、全国各地に存在しているATMを手数料0円で利用できますので、いつでもどこでも返済できるというメリットがあります。みずほ銀行ATM以外にも、コンビニエンスストアに設置されているATMが利用できるので便利です。随時返済のほか、みずほダイレクト(インターネットバンキング)の利用、口座からの自動引き落としなど、様々な返済方法を選べますので、利用される方の都合に合わせたスタイルで利用できることもみずほ銀行カードローンの魅力となっています。

 

安定した大手都市銀行が母体となっている点や、使い勝手などの観点で優れていることからも、安心感のあるカードローンを利用したいと考えた場合には最適な選択となるでしょう。

 

みずほ銀行カードローン・審査までの流れと必要書類

みずほ銀行カードローンは、知名度と安心感があり大手消費者金融機関と比べて金利が低いのが魅力ですが、普通口座をもっているかどうかで契約までの流れが違ってきます。すでに口座がある場合は、申し込みのときの申請事項を元にすぐに審査、勤務先への電話連絡など在籍確認をおこない本人に結果を通知、審査に通れば本人確認書類や収入証明書類といった必要書類を提出し契約になります。口座がない場合は、まず必要書類を提出し口座を開設した上で申請内容と書類を元に審査、在籍確認を経て審査結果が通知されるので、口座がある方が審査までの流れが短くなります。

 

必要書類の本人確認書類とは運転免許証や旅券、住民基本台帳カードなどで、収入証明書として認められるのは源泉徴収票や住民税決定通知書または課税証明書などです。いずれにしろ審査に通らなければいけないわけですが、そのためには最低でもローンの申し込み条件を満たしている必要があります。

 

条件は契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、安定かつ継続した収入が見込めること、銀行指定の保証会社の保証が受けられることです。安定かつ継続した収入とは、毎月1回以上の収入を連続して2か月以上得ているということで、雇用形態は関係ありませんが専業主婦や無職の人は収入がないため条件を満たさないことになります。また、指定された保証会社で返済延滞経験がある場合は審査に通る可能性が低くなります。