銀行系ローンのマイカーローンのメリットについて

車は高額な商品で現金で購入する人は、あまりいません。多くの人がローンを組んで購入するのが、一般的になっています。

 

そのローンには、2種類あり銀行系ローンのマイカーローンと、車を購入したディーラーで組めるディーラーローンの2種類があります。一般的に銀行系のローンであるマイカーローンの方が、金利が安いです。

 

それに対してディーラーローンは、車を購入した業者でローンを組むことが出来ますから、手続きをほとんど業者のスタッフの人が行ってくれるので、ローンを組むのがとても楽です。マイカーローンの方は、自分で銀行に行って申し込みを行わなければいけないので手間が掛かります。

 

どちらのローンにもメリットデメリットがありますが、金利の安さを考えると銀行系のローンであるマイカーローンがオススメです。まずは、マイカーローンを申し込んでみて、もし審査に落ちてしまったらディーラーローンを検討してみるのがいいかもしれません。

 

マイカーローンの金利計算に役立つシミュレーションサイト

マイカーローンを上手に活用するためには、利息を抑えることがポイントになります。利息は金利によって左右されますが、ほかにも借入額と借入期間が大きく関係してきます。総支払い利息を減らすためには、返済期間を圧縮する必要があるのです。

 

そのためには月々の返済額を無理のない範囲で引き上げていきましょう。楽をして返済をしようと思うほど、利息は膨れ上がってしまう性質があります。お得にマイカーローンの利用をするためにも、事前に金利計算をしておく必要があります。複数のマイカーローンの比較をして、少しでも低金利のところから借りてください。

 

ただ低金利になるほど審査は減額になるのが一般的です。ローンの審査というのは、金利と審査の難易度が比例するのです。消費者金融より銀行ローンのほうが融資を受けにくいと言われるのは、金利が低く設定されていることが関係しています。マイカーローンで失敗しないためには、シミュレーションサイトで金利計算をしておきましょう。借入総額によって金利が変わることがあるので、希望額でいくらの金利になるのか把握しておく必要があります。公式サイトで調べてわからないときは、金融機関に直接問い合わせすれば教えてくれることがあります。

 

マイカーローンとディーラーローンの違いとは

車は高額なので、多くの人が現金ではなくローンで購入します。その車を買う時のローンには、銀行などのマイカーローンと車を購入したディラーで組むディーラーローンがあります。

 

ディーラーローンを車を買ったディラーと同じ系列のグループの会社が一般的に紹介されます。車を購入したディラーで組むディラーローンは、その場で申し込みが出来るので銀行などマイカーローンを比べて手間が掛からずに申し込むことが出来ます。手続きもほとんど、ディラーの人が行ってくれるのでとても楽に申し込めます。しかも審査のスピードも速く、原則としては1日で結果が出来ます。

 

それに対し、銀行などで借りることが出来るマイカーローンは、ディーラーローンより安い金利の所が多いのが魅力です。ただし手続きは、自分で行わなければならず審査にディーラーローンより時間が掛かってしまいます。

 

それぞれのローンによってメリットとデメリットがありますから、どちらが自分に合っているかの確認が必要です。

 

マイカーローンの借り換えは金利だけでなく手数料も考える

マイカーローンは銀行などが行っている車を購入するためのローンで、カーディラーでローンを組むより金利が低い場合も多く有ります。この場合金利の安い銀行等に借り換えることで総支払額を抑えることも出来ますが、最初に組んだローン規約の中に途中解約に関する条項があるので確認することが必用です。

 

ローン会社は金利で利益を得ていますので、途中でマイカーローンを扱っている銀行等に借り換えされるとその分の金利が無くなることになるので、条件を決めているところが多く有ります。これを繰上げ返済手数料といいます。

 

もう一つは新しく借りるマイカーローンの手数料で、これは借入する銀行によって手数料を取る場合と取らない場合があるので、調べることが必用です。
今のローンで払い続けた場合の総額と、借り換えで支払う金額と手数料を足した総額を比べて安い方を選ぶことが重用です。カーディーラーでローンを組んだ場合に、そのローン会社がカーディーラーの系列会社の場合が多いので、サービスが心配になる方もいますが、総額が低い方を選ぶことで問題は有りません。

 

マイカーローンの審査基準について

自動車を購入するときに便利なマイカーローンは信用販売の商品で、銀行や信用金庫などの金融機関が個人ユーザーを対象に取り扱っています。新車ばかりではなく、中古車や車検、修理などでも利用できるため多くの人が利用しています。マイカーローンには審査基準があり、各金融機関で独自の基準を設けていますが、基本的には過去の金融事故やローン支払いの延滞の有無、収入に対する返済負担比率と年間返済可能金額の2つがあります。

 

金融事故は任意整理や破産などの債務整理や保証会社に支払いを皮ってもらった代位弁済などがあり、これらに該当する場合は高い確率で審査は通らなくなります。ローン支払いの延滞については、1〜2回ならあまり問題になりませんが、それ以上の回数や期間になると大きなマイナス材料となってしまいます。返済負担比率は年収に占める返済額の割合を示すもので、一般的には40パーセントを超えると新規ローンの契約は難しいと判断されます。

 

しかし、それ以下の場合でも返済の総額が多すぎる場合は審査に通らない可能性があります。マイカーローンは金融機関にとってリスクが低い商品で金利も低く設定されていますが、逆に審査は厳しくなっているので、利用する際は現在のローン状況などを確認することが大切です。

 

マイカーローンの審査落ちたという場合の対処法

過去に金融事故を起こしている人は、マイカーローンを組もうとしても審査に落ちてしまうことが多くなります。ただし、この記録は半永久的に残るわけではありませんので、記録が消えてから申し込めば通ります。他のケースでも審査落ちたという人を見かけることがありますが、年収が一定条件をクリアしていないと落ちます。一般的に注意が必要だとされているのが年収200万円以下であり、該当する人は年収を増やす努力をしないと現状を変えられない可能性大です。一般的には200万円ですが、申し込みの際の資格部分に年収のことが明記されていれば、それをクリアすることでマイカーローンを組めます。

 

他にも勤続年数が短いと不利になることを覚えておく必要があります。きちんと正社員で勤めている人でも、1年半未満の人は王権的に不利です。1年半が経過するのを待ってからマイカーローンに申し込んだ方がスムーズに通りやすいため、最初からその期間が経過するのを待つのが賢い選択です。
当たり前のことですが、申告した情報に偽りがあれば審査に落ちてしまいます。特に勤務先に関する嘘の情報は審査に落ちる大きな要因になり、信用を失う行為です。始めから正しい情報を記載するようにしましょう。