消費者金融のおまとめローンの説明とメリット

消費者金融のおまとめローンとは複数の業者から借りている借金を借り換えることで、1つの金融業者に一本化することです。そんな消費者金融のおまとめローンのメリットは、毎月の支払額を減らすことが出来る点です。ローンは借入期間が短い、もしくは金利が高い方が返済額は高額になる傾向があります。

 

だからおまとめローンに一本化することで、金利を下げることが出来る、毎月の支払金額を抑えることが出来る可能性が高いのです。勿論おまとめローン金利や期間、どこの消費者金融を選ぶかによっても違ってきますが、複数の業者に支払い続けるよりも最終的な返済総額を軽減することが出来ます。

 

さらに複数の業者に返済する場合は、当然業者により返済日が異なるので、家計管理が大変、返済日を忘れてしまうリスクがあります。ですが一本化することで返済回数が一度で済むので返済日を忘れることはありません。それに手数料がかかる場合はその手数料を抑えることが出来るので、その分お得と言えるでしょう。

 

おまとめローンの申し込みの方法

キャッシングやカードローンが簡単に出来るようになり、複数の業者から借り入れを行っている人も多くいます。複数の業者から借り入れを行っていると、返済日が月に何回もあり返済に追われている感じがする人もいます。しかも金利も違い、毎月の返済も負担になります。

 

そんな方にオススメなのが、おまとめローンになります。ローンを一つにまとめることで返済日が1日なるだけではなく、複数の借り入れをまとめることで借入の金額が多くなり、毎月の利息の返済額も減らすことが出来ます。

 

おまとめローンというと、どうやって申し込むのか方法が分からないと言う人もいます。申し込みの方法は、キャッシングやカードローンと同じです。
銀行や消費者金融でおまとめローンを取り扱っている、業者は多くあります。多くの金融業者が扱っているので、金利が低く返済期間が長期間のおまとめローンを選ぶ事が大切です。

 

金利のことは多くの人が意識がいきますが、返済期間もしっかりと確認しておかなければ短い期間の場合には、せっかくローンをまとめて月々の返済額を減らしたのに短期間だと、月々の返済が減らなくなってしまいます。

 

おまとめローンを決める時には、金利や返済期間をよく調べてから申し込みをすることが大切です。

 

消費者金融でおまとめローンを利用できるのか

消費者金融でおまとめローンを利用できるのかという疑問がありますが、金利の削減の効果を考えると銀行の方が良いですが、利用自体は可能です。この場合に問題になるのが消費者金融は総量規制の対象になるので、まとめたときの総額が年収の3分の1を超えてしまうことです。

 

この状況に関しては、総量規制は利用者が一方的に有利になる借り換えでは例外として認める規定があり、おまとめローンはこれに該当するので制限を受けません。この場合に注意が必要なのが、おまとめローン専用のものに申し込むことです。銀行では通常のカードローンでも利用できますが、消費者金融では総量規制にかかるので例外になるおまとめローンにしなければなりません。

 

法律上の制限がないだけであり、審査に落ちる場合があることにも注意します。限度額が高くなれば厳しくなり、契約数が多過ぎても不利になります。まとめる前に滞納が発生していれば信用されませんので、早めに対応しましょう。

 

おまとめローンの金利はどのくらい?

おまとめローンはキャッシングやカードローンなど、高金利の融資を一本化することを目的にしています。そのため金利はキャッシングなどと比較し、少し低く抑えられていることが多いです。一般的にキャッシングは15〜18%くらいの金利帯が多いですが、おまとめローンは12〜15%程度が目立ちます。ただおまとめローンだから、必ずしもお得とは限らないので選ぶときは慎重に行ってください。上限利率を18%に設定している場合もあり、一本化しても総支払い額はまったく減らないという人もいます。

 

総支払い額が減らない場合は一本化するメリットがないと思うかもしれませんが、借入先を減らせるメリットは意外と大きいです。何よりおまとめローンの審査に通過すれば、多重債務を解消できるのです。借入先が少ないほどローンは支払いが楽になりますので、一本化するメリットは大いにあります。大切なのは一本化をすることにより、自分自身の返済がどの程度楽になるかです。

 

おまとめローンに関する審査について

まず、おまとめローンとは2以上の業者から借金をしている場合に、その借金を一つにまとめる方法のことを言います。メリットとしては多くの債務を抱えているときに便利です。おまとめローンを利用するにはそのサービスを行っている金融会社から審査が入ります。この審査基準は会社ごとに異なりますが、全般的にはかなり厳しいものであります。

 

その理由としては、おまとめローンの利用を申し込む人が、既に別のローンを使用していることが挙げられます。先程も述べましたが、おまとめローンは多くの債務を抱えている方が利用するものであるため、審査基準が厳しくなるのは当然のことです。この審査では借入件数が多い程、審査に落ちる可能性が高くなると言われており、具体的な数は4社以上とされています。勿論、借入件数が少なくても借入金額が多額であると同じように審査を通ることは不可能に近いでしょう。

 

さらに、これら2つに該当していなかったとしても、過去の事例で、借入れた人物と異なる人物が弁済していた事実や債務整理がされた事実があると、これも上記と同様です。おまとめローンの審査を通るには、事実を偽りなく申告することやおまとめローンを受けたい旨を伝えることなどが大事です。

 

 

おまとめローンは総量規制以上の金額でも大丈夫?

消費者金融や信販系、その他のカードローンなどを複数借りている場合にその一部、またはすべてを一本化することができるおまとめローン。それまでの金利よりも低いローンを選べば借入金額にかかることになる金利が少なくなりますし、たとえ同じであっても返済窓口を一つにする事のメリットはけっこう大きなものがあります。

 

さて、ここで気になるのはおまとめローンの際にいくらまで借り入れることができるのかという事。2010年に貸金業法の改正があり、安易にお金を借り過ぎることがないように総量規制のルールができてしまったのはみなさんご存知の通り。具体的には年収の3分の1以上のお金をカードローンなどで借りることができないようになっている現状です。

 

ですので、すでに年収の3分の1以上のお金を借り入れている場合、おまとめローンを新たに利用することはできない、ともとらえがちですが、利用目的やこれまでの返済経歴の状態などを総合的に判断、金融会社が貸付け可能と判断した場合では借りられることもあります。実際総量規制以上の金額のおまとめローンを利用している方はたくさんいますし、またほとんどの金融会社がそういった金融商品を提供しています。