オリックス銀行カードローンとはどんな人におすすめなのか?

その人その人に応じたおすすめの銀行カードローンは違いますが、オリックス銀行カードローンはどのような人におすすめなのでしょうか。オリックス銀行カードローンとは、オリックス銀行が提供するもので、口座開設が不要という大きな特徴があります。

 

その他にもウェブサイト上での申し込みに対応しており来店が不要であることや、郵便局やコンビニなどの提携ATMであれば手数料が無料になるなど、さまざまなメリットがあります。

 

さらに、オリックス銀行カードローン利用の際に会員登録をおこなえば、返済シミュレーションなどの会員専用サポートが受けられますので、必要なサービスがあれば会員登録しておくと良いでしょう。オリックス銀行カードローンが特におすすめなのは、やはり銀行などに訪れる暇がないという忙しい人になります。また、金利水準も年利1.7%から17.8%と業界最低水準なので、少しでも金利を抑えて借り入れをおこないたいなどという人にもおすすめです。

 

オリックス銀行カードローンで、お金借りる流れとは?

オリックス銀行は実店舗を持たない信託銀行であり、インターネットを介して各種サービスを手掛けています。その中の1つであるのが「オリックス銀行カードローン」です。

 

オリックス銀行カードローンは、消費者金融のカードローンではなくて、銀行系カードローンであるため総量規制には引っかからないため、収入の3分の1以上であっても融資が可能なサービスとなっています。

 

そのお金借りる流れとしては、まずインターネット上から必要事項を入力して申込みを行います。その流れで、身分証明書や所得証明等をデータ化してアップロード送信することで、審査に必要な書類を送付します。その後、数日間の審査待ち時間をあり、その間に在籍確認等があります。そして審査に無事通過すれば電話連絡が入ります。

 

ここで具体的に借りることのできる限度額が伝えられるのですが、希望の金額に達していないような場合には申込みをキャンセルすることができます。伝えられた金額で納得すれば、契約カードを自宅で書留送付となります。申込者のご自宅がどこかで多少郵送時間が変わりますが、契約カードは関東から発送されます。このような流れを必要とするために、オリックス銀行カードローンでは即日融資は不可能であり、申込みから5日〜1週間程度は必要となってきます。

 

オリックス銀行カードローンの申し込み条件

オリックス銀行カードローンの申し込み条件として、まず申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満であることが挙げられます。そして基本的に毎月安定した収入が必要です。専業主婦または主夫の方、無職の方は対象外となります。また日本国内に在住していることも必要です。外国籍の方は永住者または特別永住者の方に限ります。

 

他に、オリックス・クレジット株式会社もしくは新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられることも条件となります。申し込みは本人に限り、第三者の申し込みはできません。申し込み時には必ず本人の名前・現住所・生年月日が確認できる本人確認書類の提出が必要です。運転免許証・健康保険証・個人番号カード・パスポートのうち1点です。外国籍の方は在留カード・特別永住者証明書の提出が必要です。なお、原則、利用限度額が50万円超の場合、所得証明書類の提出が求められます。

 

審査の結果によっては、利用限度額が50万円以下の場合でも所得証明書類の提出が求められることがあります。個人事業主や会社経営者の方は、源泉徴収票以外の所得証明書類の提出となります。

 

オリックス銀行カードローンの金利と利用限度額について

オリックス銀行カードローンの利用限度額は最高で800万円で、金利は年1.7%から17.8%となっているので、この点に関しては十分に注意する必要があります。

 

利用限度額の最高が800万円だからと言っても全ての人がこの額まで借りられると言うわけではありませんし、金利も借入額によって変わって来ます。
ですので借入可能額については予めよく確認する必要がありますし、金利に関しても十分にチェックした上で申し込みをすることが大切です。

 

オリックス銀行カードローンは来店不要でカードを発行してもらうことが出来ますし、口座開設も不要で保証人も必要ないです。また提携ATMの利用手数料も0円なので利用するのに便利ですし、利用可能ATMの数は全国に10万台以上ある点もおおきな魅力となっています。

 

利息計算方法は付利単位1円として1年を365日とする日割り計算を行って算出することになるので、利息について気になっている人はこの計算方法をよく確認しておくことが大切です。

 

【返済方法】実店舗を持たないオリックス銀行カードローンはどうやって返済する?

オリックス銀行は実店舗を持たないタイプの信託銀行です。そのため、サービスを利用する際には基本的にインターネット上から申込みを行い、その後のサービスサポートやアフターフォローの多くもインターネットを介して行われています。

 

オリックス銀行カードローンも、そんなオリックス銀行の有力なサービスであり、契約希望者はインターネットから申込みをすることで、約1週間程度で自宅に契約カードが郵送されてきます。

 

さて、この返済方法ですが、コンビニATMからの返済が便利です。大手コンビニと呼ばれるところでは、ほぼ利用することが可能であり、その他、イオンやイトーヨーカ堂といったスーパーマーケットでも利用できます。提携ATM手数料は、借り入れであっても返済であってもゼロ円であり、ATMさえ使用できる環境であれば24時間借り入れ・返済が可能です。注意すべき点としては、1000円単位での取引となりますので、硬貨の入金や引き出しは不可能です。そのため、全てのお金を返済してサービスの解約をしたい場合は、オリックス銀行へ電話問い合わせを行って、百円単位での返済を受け付けてもらえる返済先口座を伺います。そしてそこに返済を行えば「完済」ということになり、後日に完済書類が送られてきます。

 

オリックス銀行カードローンの審査を申し込むための必要書類

オリックス銀行カードローンの真を申し込むにあたっては、いくつか審査のための必要書類を提出することになります。すべての場合に必要なのが本人確認書類ですが、これは本人の名前・現住所・生年月日のすべてが確認できるものが該当します。

 

具体的にいえば、現在有効な運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード・パスポート・在留カードまたは特別永住者証明書のいずれか1点になります。審査のための事項がすべて確認できることが必要ですので、運転免許証であれば特別な事情がない限り表面で済みますが、パスポートであれば顔写真のページと所持人記入欄のページの両方とも必要になります。

 

また現住所がこれらの書類に記載されているものと違っている場合ですが、たとえば運転免許証であれば裏面の備考欄に追記された変更後の住所と公安委員会印のほうまで提出して、現住所がわかるようにしておきます。オリックス銀行カードローンで50万円を超える限度額を設定する場合には、本人確認書類のほかにも収入証明書類が必要書類に加わります。これは源泉徴収票・住民税課税証明書・住民税決定通知書・納税証明書・確定申告書のいずれかが該当します。

 

ただし50万円以下であっても審査の結果追加で収入証明書類の提出を求められることがあります。