ほかの消費者金融にはない魅力のライフティとは

世の中には消費者金融がたくさんあるのですが、その中の一つに「ライフティ」があります。ライフティとは少額からの借り入れも可能で大手の消費者金融が最低借入金額が1万円に設定しているところを、1000円から借入することができるので気軽な気持ちでキャッシングを利用することができるでしょう。

 

また、初回限定ではありますが契約日翌日の最初の35日間は利息が0円となるので、金利に対して不安がある人でも安心です。申し込みに関しては、年中無休で公式サイトで24時間インターネットにて受付しています。

 

スマートフォンから運転免許証などの身分証明書を転送することも可能ですので、手間や時間をかけることなく必要なお金を手に入れることができます。
コマーシャルや広告などメディアへの露出が少ないことで、世の中の人に認知がされていないライフティではありますが、ほかの消費者金融にはない魅力がありますので、急な出費に手持ちのお金がない人は是非一度、ライフティを利用してみてはいかがでしょう。

 

ライフティのインターネットを使用したお金借りる流れ

ライフティでは24時間365日対応のインターネットからの申し込みが可能です。専用フォームを使用して、個人や勤務先の情報を入力していきます。そこには本人確認書類の添付をする場所もあり、5MB以下のファイルであることが求められます。運転免許証・パスポート・健康保険証の3点が有効で、マイナンバーカードは対象にはなっていません。いずれもスマートフォンやデジタルカメラで撮影して問題ありませんが、無地でも撮影が必要などそれぞれ細かく指定されています。また画像がブレてしまっていると有効ではなくなる怖れがあるので、添付する前にしっかり確認しましょう。

 

本契約に進む前に年齢と収入、借入件数に総額の情報を入力するだけで、お金を借りることができるかどうかを機械的に判断できるシステムも用意されています。無駄足にならないように、あらかじめ目安として確認しておくと良いでしょう。

 

そして審査に通過すると電話あるいはメールで連絡が来て、契約内容を確認し終えた後で発送される書類が到着してから借りられるようになります。これが一連のお金借りる流れです。カードは最短で3営業日での発送となり、マイページから追跡することも可能です。

 

ライフティの申し込み条件はどうなっているのか

ライフティは一定の収入がある方が申し込み条件となっていますが、収入があるならアルバイトやパートの人でも申し込めるようになっています。派遣社員の方も同様なので、該当する方は申し込みをすることが可能です。担保や保証人は必要ない無担保ローンなので、それらを確保する必要もないです。

 

ただし、十分な収入があったとしても、総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1を超える借り入れがすでにあるケースでは、申し込みをしても審査に通りません。年齢の制限はあり、申し込めるのは20歳以上から69歳までの方です。ちなみに、ライフティの公式ホームページでは条件を満たしているのかがわかる0.3秒診断という物をやっています。これを使えば、借り入れができるかどうかがすぐに判定されますので、迷っている方はこれを活用することをおすすめします。その他にも、返済シミュレーションをすることができるので、借り入れ前に調べられます。

 

ライフティは金利が安く利用限度額が高い

ライフティは、全国対応をしている中堅の消費者金融です。そのライフティの金利は、8.0%から20%で金利に差がありどちらの金利になるかが分かりませんが、利用限度額は500万円と大手の消費者金融にも引けを取りません。

 

ライフティは、消費者金融ですので総量規制があります。この総量規制とは年収の3分の1以上の融資を禁止するものです。そのため、年収が低い人は大きな融資を受けることが出来ませんがこれは、消費者金融なら大手でも同じです。

 

また、この総量規制というのは他の消費者金融で借りているのも含まれます。ネットで申し込みが可能ですから、来店不要で即日融資が可能ですから、急ぐ人にはとても便利です。

 

ただし即日融資の場合には、初回の借り入れだけは銀行振り込みになります。カードは後日届き、全国のセブンイレブンのATMで借り入れが24時間可能でとても便利です。利用しやすい消費者金融であるライフティは、キャッシングも便利です。

 

ライフティの返済方法を知っておこう

ライフティの返済方法は、キャッシングカードまたは振込みにて行うようになっています。自動的に日程がくれば口座からの引き落としが行われるということがありませんので、自分で日程を管理して必要な金額をそのつど支払っていきましょう。日程サイクルは35日サイクルとなっていて、利用した日の翌日から35日後と覚えておきましょう。初回の借り入れに関しては借入日の翌日から35日です。あくまで返済期日が35日ということになっているので、それより早めに返済をする分にはしても構いません。

 

即日審査もしてくれるので使いやすさが定評のライフティですが、返済に関しては自分できちんとコントロールしないとうっかり忘れてしまうということもありえます。万が一ということがないように、きちんとスケジュールなどに組み入れて計画的に返済していきましょう。借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式となっているので、例えば5万円以下の借入であれば、返済額は5000円という風になるので気をつけておいて下さい。インターネットバンキングが利用できる状態なら、24時間いつでも返済することができるので、上手く借入と返済をして利用していきましょう。

 

ライフティでお金を借りる場合の審査の必要書類

ライフティのキャッシングやカードローンでお金を借りる際には、審査のための必要書類を求められますので、あらかじめ準備しておくとよいでしょう。通常の場合は運転免許証を表と裏の運転免許証のコピーがあれば足ります。

 

ライフティの場合には来店不要でお金を借りることが可能ですので、必要書類の提出についてもメールに添付するか、またはファクシミリで送信することになります。もしも運転免許証がない場合には、健康保険証の表と裏の両面のコピー、パスポートの顔写真があるページなど指定されたページのすべてのコピー、マイナンバーカードの表面だけのコピーのいずれかを提出することで、運転免許証の代わりにすることができます。

 

ただし外国籍の場合は在留カードまたは特別永住者証明書が必要書類にプラスされます。またこれらの必要書類に記載されている住所と申し込みをした際の住所が一致しない場合には、発行から3か月以内の公共料金の領収書、税金または社会保険料の領収書、住民票または印鑑登録証明書のいずれかをあわせて提出します。ライフティからの借り入れが50万円を超える場合には、これらに加えて収入証明書が必要です。おまとめローンの場合には他社の借り入れ状況がわかる契約書や明細書が加わります。