即日融資 カードローン

消費者金融のカードローンは即日融資が可能

カードローンには銀行と消費者金融の両者がありますが、即日融資が可能なのは後者の方です。それは消費者金融のカードローンは銀行よりも融資の審査基準が緩いこともあり、それだけ審査にかかる時間が短縮できるからです。消費者金融会社の中では、申し込みから審査完了まで数分で終わる所もあります。例えば、午前中に申し込みをしたらその日の午後には実際に融資が実行されるということです。このスピーディな融資は消費者金融ならではのメリットです。早く現金を融資してもらいたいならば、即日融資が可能な消費者金融が最適であります。ただし即日融資が可能な分金利は銀行のカードローンよりも若干高めに設定されているケースが多くなっています。

 

即日融資を受けたい!申し込み時間に注意?
即日融資を受けたい人は、申し込み時間に気をつけなければなりません。例えば、夜に飲み会があるのでその日のうちに1万円借りたかったとします。午前中に「今は忙しいから夕方でいいか」などと考えていては、即日融資で失敗します。

 

大手の消費者金融などでは申し込みをしてから30分程度で結果が出ます。逆算をすれば、17時くらいに申し込みをしても夜の飲み会に十分に間に合うでしょう。ところが、これは店舗で直接現金を受け取る場合の話です。振込で融資を受ける場合には、これでは間に合いません。

 

なぜなら、銀行の営業時間は平日の15時までだからです。17時に申し込みをして30分で審査に通過したとしても、銀行の営業時間は過ぎているので振り込みが反映されるのは翌日になります。翌日が土曜日の場合には、次の月曜日まで待たなくてはならないでしょう。月曜日が祝日だったら、さらに待たなくてはなりません。

 

このように、即日融資では申し込み時間が重要になってきます。審査に落ちる可能性も考えておきましょう。銀行カードローンで審査に落ちたので、次は大手消費者金融で試してみるとします。その間にタイムラグが発生するので、なるべく午前中には申し込みをすませておきたいところです。

 

アルバイト勤務の方が即日融資を利用する条件と審査の一連の流れ

正社員ではなく、アルバイト勤務をしている方は、一般的には社会的な立場からすると不安定と判断されてしまうことがあります。しかし、実際にはそう簡単に判断できるものではなく、アルバイト勤務をしていても正社員で仕事をしている方よりも、多額の給料を稼いでいるということも決して珍しいことではありません。

 

収入や立場の問題は浮上してしまいますが、アルバイト勤務の方が消費者金融などで即日融資を希望した場合、可能か不可能かの判断では十分に可能です。ただし、一定の要件を満たしていることが前提になり、毎月にまとまった収入がある方を対象としているので、月を飛んで入金があるような働き方は該当しないケースがあります。毎月に入金があり、尚且つ勤務年数が長いという方であれば、まず審査で落ちてしまうことがありません。即日融資を希望する場合は、当日の早めの営業日に公式サイトから申し込みをすることが基本です。

 

尚且つ自分が勤務しているアルバイト先も営業をしていることが条件になるので、早い時間帯であれば、午後一番には直ぐに現金を手に入れることは可能です。過去数年の間に金融トラブルを起こしていて、信用調査機関に名前が載っている方以外では、アルバイト勤務でも即日融資を受けることは簡単です。

即日融資のカードローンエントリー一覧

即日融資 無審査

即日融資 無審査でお金を貸してくれる消費者金融が増えているどうしてもまとまったお金が必要な場合には消費者金融からお金を借りると言う方法がありますが、最近では即日融資 無審査の会社が増えているので利用する方からしたらこれほど有難いことはないです。今ではインターネット上にホームページを開設している消費者...

続きを読む

ブラックでも即日融資可能?

【消費者金融】金融ブラックでも即日融資で借りられる?過去に支払事故があったり、民事再生や自己破産の経験があると、いわゆる金融ブラックという状態となって、クレジットカード等は作れない状況となります。信販系や銀行、消費者金融などの金融機関は、信用調査機関への照会を行っているので、金融ブラックの方だと必ず...

続きを読む

中小消費者金融で即日融資は可能?

中小消費者金融でも即日融資は受けられる?大手消費者金融ではなく、街金と呼ばれる中小消費者金融であっても、条件さえ揃えば即日融資を受けることは可能です。そのための条件としては、定職に就いており、源泉徴収票や2・3ヶ月分の給与明細票、住民票などが用意できていること等が挙げられます。そして過去に支払事故や...

続きを読む