セブン銀行カードローンで複数のカードをまとめる

セブン銀行カードローンとはセブン銀行が発行しているカードローンです。通常の銀行口座を利用するためにキャッシュカードがあります。その他にもカードローンがあるならば、複数カードを所有することになるかもしれませんが、実は、セブン銀行カードローンではキャッシュカードとカードローン、デビットカードを1枚にまとめることができるというのが何よりも魅力です。複数枚を持つよりは1つにまとめることができた方が管理がしやすくなります。ただし、セブン銀行の銀行口座を持つことが必須になる点には注意をしてください。

 

セブン銀行カードローンでは他の銀行と違って限度額が小さいため、大きな借り入れをすることができませんが、限度額が小さな借り入れを行いたいというニーズには応えることができます。最大限度額のパターンは10万円と30万円、50万円の3つがありますので、使いすぎが心配だという人にとって十分に期待に応えることができるのではないでしょうか。

 

セブン銀行カードローンを使ってお金借りる流れとは

セブン銀行カードローンを使ってお金借りる流れとして、まずは契約が必要になりますが、その条件にセブン銀行に口座を持っていることと規定されています。口座がなければ利用できませんので、そのときはカードローンに申し込むをする際に同時に開設すれば良く、公式サイトにもその方法が用意されています。フォームに必要事項を記載してwebから本人確認書類を提出すれば、最短で2〜3営業日で結果がメールで通知されます。通っていればキャッシュカードを受け取ってダイレクトバンキングサービスの登録をしますが、口座開設済みなら不要です。

 

これが終わると契約手続き完了の知らせがメールで届き、セブン銀行ATMかダイレクトバンキングサービスで借り入れが可能になります。この流れで分かるように、口座の開設が必要になるときには借りられるまでに時間がかかるので注意が必要です。キャッシュカードが届いてからの利用になるので、1〜2週間はかかります。利用できるATMはセブン銀行のものに限られており、他のものには対応していないのでどこにあるのか事前に確認しておきましょう。ATMの場合は現金を直接引き出すことができ、ダイレクトバンキングは普通預金への振り替えになります。いずれの方法でも、利用時間は24時間365日です。

 

セブン銀行カードローンの申し込み条件

セブン銀行カードローンの申し込み条件は4つありますが、いずれにしてもそれほどハードルが高いことではありません。1つ目はセブン銀行の銀行口座があることです。もし無ければ今からでもすぐに作ればいいので、これについてはハードルが高くありません。

 

2つ目は契約時の年齢が20歳以上70歳未満であることです。年齢制限にしても、それほど厳しいことではありませんので、多くの人が利用することが可能になっています。

 

3つ目は外国籍の方は永住者であることです。日本人であれば全く無関係ですが、外国籍の方には関係する条件になります。

 

4つ目は一定の審査基準を満たし、保証会社であるアコムの保証を受けることができることです。実際にはこの4つ目の条件に引っかかって審査に落ちるという人が多いです。セブン銀行の審査だけでなく、アコムの審査においてもパスしないと利用することができないということになります。審査に通るということが最大のハードルになります。

 

セブン銀行カードローンの利用限度額と発生する金利

セブン銀行カードローンを新規で申し込んだ場合、金利は2017年から年15%で設定されています。日割りでの計算が行なわれ、借入金額基準となるのは100円単位、利息分は1円単位でそれ以外は切り捨てになります。借りている残高に日数と利率の要素を組み合わせて算出されます。1万円を1週間借りていると、およそ28万円の金利が発生する計算です。

 

また元加方式を取り入れているため、返却日の前に発生する金利分は翌月の借入金額に追加されます。借りる額が多ければ多いほど返済額も加速的に増えるので注意しましょう。

 

利用限度額は最大で50万円に設定されていて、審査次第で10万円と30万円に設定されることがあります。限度額は、月々に引き落とされる額にも影響を与えます。新規契約をしてから2ヵ月以上経過すると、増額の申請を行なうことも可能です。70万円と100万円の上限もかつてはありましたが、現在では増額することはできなくなっています。

 

セブン銀行カードローンの返済方法

日本の重要なインフラとしても定着し、日常生活に不可欠な存在ともなっているコンビニエンスストアでは、ますます利便性が高まってきており、銀行業務もサービスの一環として展開されています。国内最王手のコンビニエンスストアチェーンのセブンイレブンでは、独自に「セブン銀行」を設立しており、店舗に設置されたATMとの連携で使いやすい銀行サービスを提供しているため利用者も多く見られます。大手都市銀行や地方銀行と異なり、銀行専業の店舗を有しない営業形態のために必要コストが低く、各種サービスもお得に利用できる点が支持されています。

 

セブン銀行カードローンも、そのサービスの一つとして人気があります。全国的に展開しているコンビニエンスストアであるため、借り入れが簡単であることや、ATMを利用しての返済が手数料0円で可能な点など、利用者におけるメリットも多くあります。返済方法は、毎月一定額の支払いを行うという計画の立てやすい方法となっており、その他にも資金に余裕のあるときに随時返済することも可能です。口座引き落としの場合は、毎月27日が返済日になっています。申込みはウェブで完結できますので、初めてカードローンを利用してみたいという方にもお勧めできます。

 

セブン銀行カードローンの審査の際の必要書類には何があるか?

今すぐまとまったお金が欲しい、信頼できる銀行などのカードローンを利用したいなどとお思いの方もいるのではないでしょうか。いろいろな金融機関などがカードローンを提供していますが、その中の一つがセブン銀行カードローンです。セブン&アイホールディングス傘下で信頼度は抜群ですし、ネット銀行なのでインターネット上で気軽に申し込めるなどさまざまなメリットがあります。

 

そんなセブン銀行カードローンですが、審査の際の必要書類には何があるのでしょうか。まず、セブン銀行のカードローンはセブン銀行の口座を持っていなければ利用できないので、口座がない人で郵送での口座作成には、運転免許証のコピーなどの本人確認書類が1つ必要になります。さらにそれに加えて、固定電話などの公的な支払いの領収書の原本も必要です。インターネット上での口座開設の場合は、本人限定受取郵便が郵便局に届き、それを受領した時点で本人確認が完了になります。

 

そして実際の審査の際の必要書類ですが、セブン銀行の場合は本人確認書類のみです。収入証明書などが必要な所も多いですが、セブン銀行カードローンは限度額が最大50万円と低く設定されているので、収入証明書は不要です。