最短で30分で審査が完了するSMBCモビットとは

 

SMBCモビットとは2000年に設立、開業した銀行系の消費者金融会社で、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が100%出資し、株主となっています。SMBCモビットのカードローンの会員は2018年の6月現在で43万人にもなっており、20才以上69才以下で安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣社員や自営業でも審査を通れば借りることができます。

 

申し込み方法はパソコンやスマートフォン等でWebからもでき、最短で30分で審査が完了するのが魅力です。電話や郵送も可能で、ローン申込機で手続きをした場合には、その場でカードが発行される早さです。現金が必要な場合には銀行やATM等からもキャッシングすることができ、口座の残高が足りなくて明日の家賃が引き落とされないといった場合にはWebからの手続きで、自分の口座に振り込んでくれることもできます。返済は口座振替や銀行振込、ATMからも行えて便利です。

 

SMBCモビットによるお金借りる流れについて

 

SMBCモビットでお金借りる流れは、Web完結サービスの利用で契約できます。電話連絡などもないので、短時間でキャッシングすることも可能です。またSMBCモビットのスマホアプリを使えば、24時間いつでもセブン銀行のATMで借入や返済ができます。

 

最短10秒の簡易審査で、借入審査の結果を知ることができます。審査に通過すれば、基本的に最短3分ほどで指定口座に振り込まれます。Web完結申込であれば電話連絡が不要で、最短で即日融資が受けられます。同サービスを受けるには一定条件を満たす必要があります。三井住友銀行または三菱UFJ銀行、或いはゆうちょ銀行に自分名義の口座があることです。

 

また本人確認書類として、運転免許証かパスポートの写しを提出することが条件です。加えて収入証明書類が必要となります。それは源泉徴収票か税額通知書、所得証明書などです。勿論、確定申告書も収入証明書として有効です。さらに勤務先の確認書類として、保険組合の保険証などの写しも提出が必要です。SMBCモビットの審査に通れば、原則として最短3分で融資が受けられます。そしてスマホアプリの利用で、全国のセブンイレブのATMでキャッシングサービスを受けられます。

 

SMBCモビットの申し込み条件は安定的な定期収入があること

 

SMBCモビットの申し込み条件は、安定した定期収入があり年齢が満20歳以上69歳以下の方となっています。正規社員だけでなくアルバイトやパートや派遣社員、また自営業者の方も安定的に定期収入があれば利用可能です。

 

ただ申込者本人に収入があることが必須条件であるため、自身の収入がない専業主婦の方は申込みができません。年金収入は安定的な定期収入とは見なされないので、パートや内職などでも良いので年金以外の収入が必要となります。パソコンやスマートフォンやケータイなど、インターネット上から申し込む場合はメールでのやり取りが行われるため、メールアドレスを持っていることが条件となります。

 

保証人や担保や印鑑は不要ですが、本人確認書類の提出が必要不可欠です。本人確認書類として認められるのは運転免許証、健康保険証、パスポートです。審査の状況や希望契約額によっては収入証明書類の提出を促されることがあります。収入証明書類として認められるのは源泉徴収票の写し、税額通知書の写し、所得証明の写し、確定申告書の写しなどです。給与明細の写しでも可能ですが、その場合は直近2カ月分が必要です。

 

SMBCモビットの金利と利用限度額は安心の設計です

 

SMBCモビットの金利は3.0%〜18.0%に設定されており、これは一般的な銀行系消費者金融の利率です。3.0%からの設定は消費者金融としては低い水準ですが、これは利用限度額が800万円と高く設定されているためです。カードローンは利用限度額が大きくなるほど、最低金利が低くなる仕組みがあります。限度額が50万円などの街金の場合は、15.0%〜20.0%というような金利設定になっていることが多いです。

 

低金利で借入したい人にとって、SMBCモビットは理想的なローンです。希望額は1万円から設定できますので、借りすぎる心配はありません。ここは非常に重要なポイントであり、最低融資額が高く設定されたローンほど借りすぎ・浪費のリスクが高くなります。例えば50万円を最低融資額に設定しているローンだと、数万円あればよい状況でも50万円の借入が必要になるわけです。SMBCモビットならその心配はなく、少ない希望額で調整できるので便利です。

 

SMBCモビットの返済方法は日にちも手段も多彩

 

SMBCモビットは、その名前に入っているSMBC=三井住友銀行に加え、三菱UFJ銀行とその系列会社プロミス、信販大手のアプラスの合弁による銀行系消費者金融会社です。

 

カードローンなので、決められた枠内で繰り返し利用することができますが、返済は1カ月に1回の約定返済日の返済がルールで、ATMなどでいつでも余裕資金を追加で返すことができるので、利息の負担も自分で調整可能です。

 

約定返済日は5・15・25、末日の中から自分で選ぶことができ、返済方法は銀行口座引き落とし、ATM返済と指定口座への振り込みなど3つの方法があります。銀行口座引き落としは、この会社のグループ会社でもある三井住友銀行と三菱UFJ銀行のほかゆうちょ銀行が対応しています。

 

ATMでの返済の場合、前回の約定返済日以降次の約定返済日までに1回以上返済すれば、期日は翌月に繰り延べられます。具体的には5日が約定返済の契約で、6日と月末に返した場合、翌月5日の返済期限はクリアされますが、二階返したとしても翌翌月5日が期限になります。一方、6日に1度返済した後、翌月も6日返済すれば翌翌月5日の返済義務もクリアしたことになり、次の返済期限は3カ月目の5日になります。

 

SMBCモビットでの審査のための必要書類

 

SMBCモビットのカードローンやキャッシングに申し込んでお金を借りる場合には、審査のためにいくつかの必要書類を提出しなければならないことになっています。一般的な場合であれば、本人の運転免許証があれば、必要書類としてはこれだけで十分です。もしも運転免許をもっていない人の場合には、現在有効なパスポートや健康保険証があれば運転免許証の代わりとして使えます。

 

パスポートを提出するのであれば、顔写真が掲載されているページと住所が掲載されているページの両方をコピーします。健康保険証は本人の氏名と住所、生年月日が記載されているページのコピーとなりますが、もしもカード型の健康保険証を交付されている場合には、表面と裏面の両方をコピーします。運転免許証の場合であっても、住所を変更するなどして裏面の備考欄にも何らかの記載がある場合には、同様に裏面のほうもコピーしておかなければなりません。

 

また申し込みをしたすべての人にあてはまるわけではありませんが、場合によっては収入証明書も必要書類のひとつとして提出を求められる場合があります。収入証明書というのは源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書などのコピーのことをいいます。もしも給与明細書を提出する場合は直近2か月分が必要で、ボーナスが支給される場合にはボーナスの金額が確認できる賞与明細書もあわせて提出します。