横浜銀行カードローンとはどんな商品か

横浜銀行カードローンとは、一人一人のニーズに合わせて申し込み方法を自由に選択できます。インターネットからの申し込みなら、24時間365日いつでも大丈夫なので仕事などで忙しい人でも利用しやすいです。インターネットからなら来店する必要もありません。安定した収入のある人なら利用でき、パートやアルバイトでも申し込めます。安定した収入のある人の配偶者でも利用できます。借入限度額は、10万円から1千万円までです。収入によって限度額は変わってきますが使い道は自由なので、さまざまな出費に対応できます。

 

返済はATMからできますが、横浜銀行のATMはたくさんあるので返済もしやすいです。銀行のカードローンというと、審査の結果までに時間がかかるイメージがあります。しかし、横浜銀行のカードローンは、最短で審査結果が翌日に出ます。急な出費にもスピーディーに対応できます。返済金額も少額から月々返済ができるので、返済で生活が圧迫されることも予防できます。

 

横浜銀行カードローンを利用するときのお金借りる流れ

10万円から1000万円の範囲内でお金を借りることができるのが、横浜銀行カードローンの特徴です。また来店は不要であり、24時間いつでもパソコンやスマートフォンを使って申し込めます。ウェブサイトで商品情報の概要をチェックするのが、お金借りる流れの出発点です。特に商品の概要についての説明を読むときには、利用可能な人の条件を十分に確認する必要があります。

 

ウェブサイト経由で融資の申し込みをする場合には、フォームに所定の内容を記入するのがポイントです。またインターネットを使わずに、店舗に備え付けている書類を使って申し込むことも可能です。フォームを使って必要事項を送信すると審査が始まりますが、その場合には本人確認用の書類の提出も求められます。運転免許証などの画像をアップロードするだけなので、自宅からでも手続きはスムーズに進められます。

 

しかし融資金額が50万円を超える場合には、収入を証明する所定の書類も必要になります。審査に通過した場合には銀行から連絡があり、その場合にはウェブサイトで手続きを完結させることが可能です。手続きが終わるとカードが自宅に郵送されるので、必要に応じてお金を引き出せるようになります。

 

来店せずに借りられる横浜銀行カードローンの申し込み条件

来店せずに借入れができる横浜銀行カードローンの申し込み条件には、いくつかの項目があります。年齢要件は、契約時に満20歳以上69歳以下となっていて、安定した収入のある人やその配偶者が対象です。職業については、パートやアルバイトでも可能であり、学生は不可となります。年金も年収に含まれますので、定年退職した後の人でも利用できます。

 

地域に関しての制限もあり、神奈川県内全域、東京都内全域、群馬県内の前橋市・高崎市・桐生市のいずれかに居住しているか努めている人のみ借入れ可能です。また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる方に限り、横浜銀行並びにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに関して同意される方と記載されています。

 

これらを全て満たしている場合にのみ契約できますが、中でも覚えておきたいのは年齢が20歳以上69歳以下であることと、安定した収入がある方かその配偶者であることです。

 

横浜銀行カードローンの金利と利用限度額は高待遇です

横浜銀行カードローンは低金利を売りにしており、年率は1.9%〜14.6%に設定されています。これは一般的な銀行ローンの利率と比較しても低いくらいです。利用限度額は10〜1,000万円までの範囲内で設定できます。10万円から借入できますし、金利は14.6%を超えることはありません。一般的に10万円などの少額融資では、18.0%の金利設定になることが多いです。消費者金融から借入すると、15.0%を超えることがほとんどです。

 

銀行ローンは消費者金融より低金利で、3.0%以上も利率が低く設定されたものが目立ちます。横浜銀行カードローンは上限が14.6%ですから、消費者金融より3.0%以上も低くなっています。利用限度額の1,000万円には、総量規制は適用されません。年収の3分の1以内までしか借入できないのは消費者金融ローンに限定されるわけです。横浜銀行カードローンなら低金利で高額利用が可能ですから、まとまった金額を調達するときに適しています。

 

横浜銀行カードローンの返済方法はどうなっているのか

神奈川県の横浜市を中心に営業活動を行っている地方銀行である横浜銀行では、個人向けのカードローンサービスを提供しており横浜銀行の営業時間外でもお金が借りやすくなっています。1万円や3万年などの少額貸し出しを希望しているようなら、審査時間がとても短く済むためその日の内にお金を引き出せる確率が極めて高いという点がメリットです。

 

横浜銀行カードローンの返済方法としては、月末など決められた期日に横浜銀行の普通口座から、借りている金額に利子が上乗せされた分も含めて自動的に引き落とされるなっています。次の給料日が来る前にまとまった資金を何らかの理由で確保したいというときでも、給料が入ったら借りた分のお金が自動的に返却されるということなのでとても便利です。

 

繰上げという形で、自身の好きなタイミングで返済することも可能になっています。お金を借りている期間が短ければ短いほど利子が少なく済みますので、極力早めにお金を返す方法も用意されているということなのです。横浜銀行カードローンと横浜銀行のインターネットバンキングの両方を契約しているようなら、店舗まで行かなくてもネット経由で借入金を返済することも可能となっています。

 

横浜銀行カードローン審査の必要書類

横浜銀行カードローン審査には必要書類があり、SMS(ショートメッセージサービス)で内容が連絡されます。例えば本人確認書類が必要で、有効期限内か現在有効で、氏名や住所・生年月日などが記載されている書類を提出しなければいけません。運転免許証(表面・裏面の両面)や、健康保険証(名前・現住所、被保険者・被扶養者、カード型の表面・裏面の両面)のコピーなどが必要です。

 

パスポートのコピーや、マイナンバーカードの表面、在留カードや特別永住者の場合は特別永住者証明書が必要になります。収入証明書を準備した方が良く、希望する借入限度額が50万円超える場合、現在の収入が確認できるもののコピーを提出するようになります。源泉徴収票(勤務先の会社名のあるもの)や、納税証明書(税務署の発行印があるもの)などが必要で、確定申告書(税務署の受付印があるもの)も必要です。

 

住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)などを準備しておき、審査結果は最短で申し込みした翌日に回答される予定です。指定の電話番号に連絡が入るようになります。いろいろな書類を準備しなければいけないので、事前に計画的に準備しておくつことをおすすめします。