在籍確認とはいったい何なのか

在籍確認とはキャッシングでお金を借りる祭に良く聞く言葉です。審査基準の重要な部分で在籍確認が取れないと審査に受かる確率はかなり低いです。

 

いったい在籍確認とは何なのかを簡単に言うと、勤務先にあなたが本当に在籍しているかを確認することです。もっと分かりやすく言うと本人確認と同意義です。

 

キャッシング会社に貸してもらう場合は返せる当てとして年収や職業を書く欄が必ずあります。借りる時に申告した仕事に本当に就いているかを貸す側は知りたいと考えるのが普通です。返せる当てがなければ貸したくないのですから。そこで在籍確認として申告先の会社に電話を掛けます。電話を掛ける祭には申告した人がキャッシング会社に頼ったことを会社に知られたくないため、キャッシング会社とは言わずに個人名で掛けてくることが多いです。

 

電話は本人が受け取っても良いですし他人が受け取ってもどちらでも大丈夫です。あなたがその会社に居ることが分かれば良いからです。

 

在籍確認なしのカードローンの選び方

在籍確認なしのカードローンがいいという人には、プロミスなどの大手消費者金融がおすすめです。大手消費者金融ならどこでもいいというわけではありません。最も有名なアコムでは、在籍確認が基本的にあります。可能性があるのはプロミスとアイフルです。それも、社会保険証や給料明細を提出するという条件付きです。

 

最近ではモビットを含めて大手4社などと言われる時代になりました。モビットには申し込み方法が2種類あります。そのうち、WEB完結のほうなら在籍確認はありません。そのかわり、満たすべき条件がやや厳格です。WEB完結で申し込みをするための条件ですが、三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていることが1つです。さらに、社会保険証もしくは組合保険証が必要です。給料明細だけでは足りず、社会保険証もしくは組合保険証が必要になるという点でプロミスよりも条件が厳格ですね。

 

在籍確認なしのカードローンは他にも存在しますが、絶対に在籍確認がないと言い切れるところはほとんどありません。なぜなら、勤務先情報が間違っていないことは必ず確認するべき事項だからです。嘘の勤務先を信じてお金を貸してしまったら、金融機関側のリスクが高いです。在籍確認を免除してもらうためには、社会保険証や給料明細など勤務先を証明できる書類が必須となるでしょう。

 

会社への在籍確認なしで即日融資

最近のカードローンの便利な点は、会社への在籍確認や自宅への電話連絡が一切なく、即日融資を受けることができる点にあります。以前は会社への連絡が当たり前でしたが、利便性を高めることと利用者のプライバシーを保護する観点から在籍確認なしが一般的になったのです。

 

カードローンを利用する方の多くが、借り入れを周囲に知られたくない人が圧倒的に多いです。消費者金融業者はそうしたニーズに応えるために、最近では在籍確認を一切せずに即日融資を可能にしました。しかも、借入の申込は24時間いつでもできるので、急にお金が必要になった際には迅速に対応してもらうことができると利用者の間でも評判となっています。

 

ただし、審査の厳しい銀行のローンの場合には職場への在籍確認を行うところがほとんどです。職場や家族にバレたくない場合には、多少金利が高くなってしまったとしても、在籍客員のない消費者金融業者を利用することが安心できるでしょう。

 

キャッシングの際の在籍確認を回避する方法キャッシングに申し込みをする場合には、会社にきちんと在籍しているかの確認の電話がかかってくることが多いです。ですが、多くの方が会社にキャッシングをしていることを知られたくないので在籍確認をできることならば回避したいと考えています。

 

そもそも在籍確認は、融資をする側にとっては返済能力がある人なのかを確認するためにも会社に電話をして本当に在籍しているのか確認するものであります。そこで原則としては、この在籍を確認するという行為自体は避けることはできないと考えても良いでしょう。しかし、例外もあります。それがキャッシング会社の方で柔軟に対応してくれる場合があります。場合によっては、会社に在籍確認の電話をかけないでくれるようにお願いすることができます。これが唯一の在籍確認を回避する方法です。その際にはなぜ電話での在籍確認を避けたいのか明確な理由が必要になります。

 

カードローンは在籍確認の電話で職場にバレる?

カードローンなどを申し込む場合は、必ず職場への在籍確認電話というものがあります。金融業者から職場に電話がかかってくるので、カードローンの契約をしたことが「職場にバレる?」と不安に思っている方も多いですが、電話がかかってきてもバレる可能性はかなり低いでしょう。

 

なぜなら、金融業者の電話をしてくる人は、金融業者だとは名乗らないからです。電話でのやり取りもシンプルで、在籍さえ確認できればすぐに切ってしまうため、まずバレることはありません。ただ、電話に出た人から「今のは誰?」などと突っ込まれることはあるかもしれません。そんな時は、保険のセールスマンの方とかなんとか言ってごまかしてしまうのがよいでしょう。

 

しかし、カードローンを契約するくらいで、そんなにビクビクする必要も無いのではないでしょうか。カードローンの一つくらい契約している人はいっぱいいるわけですから、正直に話しても大丈夫です。「銀行系のカードローンなので安心です」とでも言い訳しておけば、ほぼ問題にならないでしょう。どうしても在籍確認の電話が職場にかかってくるのが嫌だという場合は、カードローンを申し込む際に、金融業者に相談してみるのも手で、在籍確認なしで契約できる可能性もあります。

 

在籍確認がバレたときの上手な言い訳とは

カードローンやクレジットカードを契約する際には、職場への在籍確認が行われることが多いです。クレジットカード程度ならほぼ誰でも持っていますから、そんなに問題にならないかもしれませんが、カードローンを契約したりすると、上司などに「お金に困っているのかな?」などと不審に思われる可能性もあります。そういうのを嫌って在籍確認の電話が掛かってくるのを嫌がる人も多いわけですが、万が一在籍確認の電話が掛かってきたら、どう言い訳をすればいいのでしょうか。

 

まず、最初に言っておきたいのは、在籍確認の電話が掛かってきても、カードローンの契約をしたとバレることは少ないということです。在籍確認で電話をしてくる人は、業者名を名乗らず一般人のふりをして掛けてくるので、まずバレません。それでも勘のいい人だと、「今のはカードローン会社の在籍確認だな」などと気づいて問い詰めてくることがあります。そんな時は、変に隠したりせずに、正直にカードローンを契約したと言った方がいいでしょう。「キャンペーンをやっていたので、お得だと思ってつい申し込んでしまいました」とか「銀行系の安全なカードローンなので大丈夫ですよ」などと言い訳しておくのが無難です。